僕たちがつくったテーブルで昼食を食べました / workshop #02

2015年9月6日(日曜日)・ワークショップ2日目

この日は、あいにくの雨でした。去年のワークショップは外で作業していたらしく、作業の進み具合が天候に左右されることがあったらしいですが、今年の作業場は屋根付きの大きな工場跡地なので、悪天候でもぐんぐん作業が進みます。

今回は、これからたくさん使うであろう道具の使い方と、それを使って作業台と参加者各個人の道具箱の作成でした。最初に作業台を作る人と道具箱を作る人にグループ分けをしてから作業開始です。僕は最初に作業台を作るグループになりました。丸のこを全く使ったことがなかったので、ものすごく緊張しましたが、使用する前にチェックすることや、準備すること、正確に切るコツなんかも丁寧に教えていただきました。
img2978
そうやって僕たちが切った木材で作業台を作り終えて、その台をテーブル代わりにして昼食を食べました。うまく言葉ではあらわせないんですが、なんか「いいな」って思ったんですよね。簡単に作った作業台なんですけど、それを使ってみんなで美味しいご飯を食べるってところに、なぜか幸せを感じました。
こういう今はまだうまく言葉で表現できない「幸せの感覚」が、残り7回のワークショップの中でたくさんあるんだと思います。そして、最終日にはその「幸せ感覚」の理由が分かればいいなって思います。
img2745
午後から道具箱の制作でした。簡単な箱なんですが、キレイに作ろうと思うと意外と奥が深いんだなと思いました。この道具箱の制作では、のこぎりで板を切るコツ、ひび割れを防ぐネジを打ち方などを教えていただきました。この道具箱を作り終え、今回はすべて終了。

次回からは、本格的にタイニーハウスの制作にとりかかるようです。
2回目のワークショップが今から待ち遠しいです。

文 :多田雄司朗
写真:三枝ナオミチ
映像:Ben Matsunaga
講師:新田和典 小田切浩 安崎勝人 本間広基 佐藤篤

ランチ:DILL eat,life.